2009年02月16日

公認会計士の資格取得

公認会計士とは?

企業や自治体、などに対する会計監査や経営に関するコンサルティングを行う国家資格を持っている人たちです。


公認会計士の資格をとるには?

公認会計士試験に合格し、3年以上の実務経験を積む・・・公認会計士になるためには、1次から第3次にわたる国家試験に合格しなければなりません。1次試験は、誰でも受験することが出来ます(大学、短大卒業者は免除)。会計学、商法などの2次試験に合格すれば、会計士補として働くことが出来き、さらに実務補習と業務補助など、3年以上の実務経験を経て、第3次試験に合格すれば、公認会計士になることが出来ます。

新制度・・・平成18年以降は、短答式試験、論文式試験の1段階2回の試験に変わります。
従来の第1次試験(国語・数学・英語・論文試験による一般的な学力の判定)は撤廃されました。
第3次試験はされ、平成17年以前の第2次試験合格者については、従来の第3次試験の代わりとして新試験制度の論文式試験による監査論と租税法を受験し、合格することで最終合格となります。
 新試験制度については、短答式試験と論文式試験から構成され、論文式試験は、短答式試験の合格者または短答式試験を免除された者が受験することができます。

公認会計士になるには、新試験制度では短答式試験・論文式試験の合格者は、実務補習の修了と2年間以上の業務補助等(合格以前でもかまいません)の修了後に登録することで「公認会計士」の資格が取得できます。


合格率は?

約10%です

費用は?

1万9500円です

給料、年収は?

給料・・・約50万円ほどです

年収・・・約800万円ほどです

願書はいつまで?

2月中旬〜下旬までの10日間ほどです。

試験日は?

短文式・・・毎年5月末の日曜日
論文式・・・毎年8月のうちの3日間

資料請求するには?

資料請求はこちら

会計士になるなら大原

書籍

書籍の購入をしたい人はこちら

O-HARA OnlineStore(資格の大原書籍サイト)


資格の取得で就職、転職ゲットで給料、年収アップ 目次へ戻る




posted by MA at 00:00| Comment(0) | 公認会計士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。